【動画】ハンドボール サイドシュート 倒れこみのポイントは?

【動画】ハンドボール サイドシュート 倒れこみのポイントは?
【動画】ハンドボール サイドシュート 倒れこみのポイントは?

ハンドボールのサイドシュートを行った後、同時に身体をひねって背中から着地する倒れ方や、あごを上げ肩を入れるように着地をして衝撃を逃がすことを「倒れこみ」といいます。

ですが、この「倒れこみ」を行う際に、相手選手との接戦の場では、身体のひねりが間に合わず、手や膝から真っ直ぐ地面に付いてしまい、自体重を支えようとして怪我をしてしまうケースもあります。

この記事では、ハンドボール サイドシュートの倒れこみのポイントについて、詳しく解説していきます。

ハンドボール サイドシュート 倒れこみ のポイント ※室内コートのみ

実際に海外の選手が倒れこみシュートを打っているシーンを連続でまとめた動画を見つけましたので、先にそちらをご紹介します。

※全て室内でのシーンとなるので、屋外やグラウンドで行う場合とは異なります。

【参考】Youtube動画:【ハンドボール】豪快!!倒れ込みシュート!!ゴールへの執念を感じさせるプレー集【衝撃】

※YouTube動画を再生すると音がでます。音量にご注意ください。

上記動画のように、シュートを打った瞬間に身体をひねりながらコート面に背中が付くように行っている選手もいれば、手や膝を付く選手もいます。

また敢えて胸から地面に着地し、まるで動物の「ペンギン」のような姿勢で倒れこみをする選手もいます。

相手選手との接触の兼ね合いにもよって、どのような倒れこみになるのか?が場面によって変わるので、怪我をしないように柔軟に対応していきます。

※手からコートに付いた場合、手で体重を支えようとすると、負荷が掛かり怪我をしやすくなるので注意が必要です。

【参考】Youtube動画:サイドシュート 後転受け身

※YouTube動画を再生すると音がでます。音量にご注意ください。

上記動画の選手は左サイドシュートから綺麗な倒れこみをして自コートに帰っていく様子を見ることができます。

このようにサイドシュートを放つと同時に、身体をひねって背面がコートに着地するように行うと、見ている方も非常に綺麗な倒れこみの印象を受けます。

【参考】Youtube動画:ハンドボール 逆サイドシュート

※YouTube動画を再生すると音がでます。音量にご注意ください。

こちらの動画の選手も、右サイドシュートを打った後に、身体を左にひねり綺麗に背面着地をして、自コートに戻っていく様子が見れます。

【元・日本代表】ハンドボール サイドシュート上達の練習法はこちら

※YouTube動画を再生すると音がでます。音量にご注意ください。

元・日本代表サイドプレイヤー下川監督が指導されているサイドシュート練習法もあります

ここからは宣伝(広告)となりますが、元・日本代表サイドプレイヤー下川監督が指導されているサイドシュートの練習法をまとめたものがあります。

>>ハンドボール・サイドシュート上達革命【元・日本代表サイドプレイヤー下川監督 指導】

※上記リンクをクリックすると公式サイトへ移動します。

「日本の速攻マシーン」という異名をお持ちの下川監督ですが、丁寧にサイドシュートの精度アップについて語られています。

セットプレーで確実に決めるサイドシュートを目指している方は一度ご覧になってみてください。

引用元:https://kanamaru01.com/archives/485

関連記事